スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
A special report on international banking - Exit right(第三回)
JUGEMテーマ:経済全般
JUGEMテーマ:時事ニュース
 

金融機関に対する政府の関わりを説明した記事の第三回目です。取引のリスク度合いによって掛け目を決めて、一定以上の資本を保有することを求めたのがBasel兇任靴拭この掛け目は基本的には取引相手先の信用度合いによって決められていたといっていいと思います。つまりどの程度売却がしやすいかの視点が入っていなかったのです。今日の記事では、流動性、つまり資産をどの程度売却しやすいかを規制の尺度に入れることが進んでいることを説明しています。これは必要なことだと私も思います。

 

ただ、規制があまり進むと、規制当局が、本来金融機関が自由に判断するところまで口を挟むようになってしまうのではないか、という懸念で今日の部分は終わっています。金融の専門家である銀行員ですらうまくできなかったものを、実際に銀行経営を行ったことのない規制当局者がよりうまくできるという保証はどこにあるのでしょうか。といった議論をし続けることで、過去の金融危機の際に規制強化が議論されても結局骨抜きにされてきました。やはり金融機関を社会に必須なインフラ部分と収益を自由に上げられる部分に分けて、前者についてはしっかりと規制を行いその代わり競争を制限するようなことを考えてもよいのではないかと思います。
=================================

国家の影 The shadow of the state

向こう見ずになって、最良のシナリオを考えてみよう。経済が比較的急速に回復し始めるとしよう。政府は、株の投資から比較的早く抜け出せることを考えることができる。そして、資金調達市場の復活が、債権保証からも順調に抜け出せることを可能にする(スウェーデンで起きたように)。そうであったとしても、今回の金融危機は、銀行とその救済にしばしば登場する納税者の間の取引に関してなかなか忘れ去る事のできない記憶を残すだろう。「銀行は何が正しくて公正なのかについて、共通の理解を得た上で与えられる免許に則って運営されなければならない」とノルデアの社長、ハンズ・ダルボーグは言う。

 

銀行と社会の間のこの新しい契約の側面の一部はすでに明らかである。貸し手不足が解消されるまでは、銀行に対してより多くの資本を調達するように締め付けを強化することを規制当局が望んでいないことは明らかではあるものの、銀行資本に関する規制体制に対して変更が加えられることは確実だ。レバレッジ・レシオという考え方を後押しする目覚しい推進力がある。このレシオは、銀行が保有する資本に応じて、保有できる資産の総量に固定の上限を設定するものだ。米国を含むいくつかの国ではすでにこのシステムが導入されており、他の国でも導入を急いでいる。スイスは、大手二行に対してこのようなレシオをまさに導入しようとしており、今後2013年までに段階的に拡張をしていき、国際的に用いられているバーゼル胸駛椒襦璽襪閥β犬気擦襪弔發蠅澄

 

バーゼル兇蓮∧殕する資産のリスク度合いに応じて銀行に負担をさせるという資本に関して異なる手法を採用している。これらの「リスク掛け目」は、もっと懲罰的なものにもなって行くだろう。以前の規制の枠組みの最大の問題点について監督当事者に聞いてみると、市場取引を行っている銀行に対して課した資本が少なすぎたことを指摘する人が多い。その市場取引は、不動産担保証券等の資産に対する流動性、リスクの性質、価格の安定性に関して恐ろしいほど楽天的な仮定に基づいて行われていた。課される資本が上昇する方向に動いていくだろう。

 

銀行のバランス・シートの流動性もまた、より集中的に規制されるであろう。英国の金融サービス機構(FSA)は、流動性に関するガイドラインの提言を発表している。ガイドラインは、銀行に対して、主に国債の形で、流動性のある資産を保有し、衝撃に対する十分な準備をすることを求めている。この提言は多くの批判を集めたが、しかし今後起こりうることを暗示している。一般的には、流動性に対するより強固なアプローチであるが、さらに、リーマンの破綻とアイスランドの銀行の崩壊を受けて、国家の規制当局が、外国の銀行の国内での活動を、親会社が困難に陥ることのリスクから保護する努力をさらに推し進めることである。

 

もし、バランス・シートに対する規制がよりしっかりと規定されるようになるとすると、別のところで不確定さを増すように規定されるところがある。英国の新たな恐ろしいFSAの立場を見てみよう。以前の考え方では、規制当局は、主に経営の管理と銀行が置かれているシステムに注力していた。この受身の姿勢が、ここの金融機関の判断に口を挟むような、より押し付けがましく気まぐれな体制にとって変わられることになりそうだ。

 

| Merlion | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 15:32 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode