スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
(11/13) EUが会計原則の変更の適用開始を延期 (FT)
JUGEMテーマ:経済全般
JUGEMテーマ:時事ニュース
JUGEMテーマ:株・投資
 

20091113日付けのFinancial Timesに掲載された記事です。

 

会計原則は投資家が投資判断をするにあたって企業の状況に関して十分な情報の提供が保証されるように変更を加えられてきました。今回の金融危機を通じて金融機関の開示が十分であったかどうかは議論の対象となってきています。その中で銀行の資産を時価評価することで透明性をあげようとする考えが進んできました。この記事にもあるとおり、一部の金融機関からは資産の価値が増減しすぎてかえって金融危機を招く、といった主張があります。なんだか本末転倒である気がします。市場の動きによって収益が大きく変わるものを保有しながら、その影響を開示すると市場が不安になる、といった主張をしているように思います。だったら市場を不安にするようなものをそもそも持たなければ良いのではないかと思います。今すぐに時価会計を適用すると一時的に出さえ大きな損失が出るから、というのが反対の理由であるなら、一度は膿みだしをしてきれいなバランス・シートにすることも考えるべきなのではないでしょうか。

 

(個人的な話になりますが、今週ははっきり言ってこのブログはかなり手を抜いてしまいました。先週末にまとめて訳したものを切り出しにして済ましていました。今週はバンコクに出張で毎日打ち合わせが続いたことが一番の原因です。お詫びといってなんですが、バンコクのデリバティブ事情を少々。過去1年以上にわたってデリバティブを敬遠する動きが続いていたのですが、ここに来て地場銀行の多くが外資系からトレーダーをスカウトしたり、システムの強化をしながらデリバティブから手数料収入を得るための用意を始めているようです。デリバティブの営業体制の強化を図っている銀行も見受けられました。しばらくの間影を潜めていた外資系の金融機関も改めて採用を開始して収益拡大に走り始めています。デリバティブのソフトウェアを販売している私にとっては来年はバンコクは主戦場となりそうな予感です。)

[抄訳]

 

EUは米国以外の世界中ほとんどの地域に強制される銀行や保険会社に対する会計原則の抜本的な見直しのEU域内での導入を延期した。この動きは、新しい規制の中での資産評価の方法についてヨーロッパの金融機関の対立の結果である。投資銀行業務を行っているフランス、ドイツ、イタリアの銀行の中には、変更により大きな打撃を受け、保有している大量のデリバティブに関して損失を計上することを余儀なくされるところもあるという。一方で延期することは域外の競争相手に対して不利な状況におかれるとして不満を訴える銀行も存在する。

 

国際会計基準審議会(IASB)は、公正価値会計(Fair Value accounting)の見直しを先に発表しており、それによると資産は時価評価を行うことになる。会計がより透明になると支持する人がいる一方で、市場が下落する際には資産から生じる損失が金融危機をさらに悪化させると批判する人もいる。

 

EUは来年から適用可能かどうかについてさらに検討を重ねる。しかし、EU域外では適用される新しい規制がヨーロッパの銀行や保険会社の2009年の会計報告には適用できないことになる。

 

IASBの提案によると、ローンのように将来のキャッシュ・フローが予測可能な資産については償却原価法によって評価が可能であるとする。デリバティブのポートフォリオのように予測不可能な利益をもたらす場合には、時価評価をしなければならない。欧州委員会の中では、公正価値会計の提要除外が十分に制限されていないと考えられている。

 

 

[本文]

 

EU delays adoption of accounting rule changes

The Financial Times

13 November 2009

 

Brussels has delayed the introduction in the European Union of a radical overhaul of accounting rules for banks and insurers which yesterday came into force across most of the world outside the US.

 

The move follows a deep split between European financial institutions over the new rules on the way they value assets in their accounts.

 

Analysts say some French, German and Italian banks with large investment banking activities would be hit disproportionately by the changes, forcing them to book losses on large holdings of derivatives.

 

But the decision by the European Commission to delay the changes within Europe has angered other banks in the region who fear they will be put at a disadvantage to international peers.

 

The International Accounting Standards Board earlier published its overhaul of rules on "fair value" accounting, where assets are marked to market prices. Supporters say this makes accounts more transparent, but critics believe it exacerbated the financial crisis by forcing banks to take losses on assets when markets fell.

 

IASB said it had fast-tracked the changes in response to calls by the Group of 20 nations to introduce them by the end of the year. However, the European Commission said it would not adopt the changes until it had carried out an in-depth analysis. It would consider adoption in the new year. The decision means that European banks and insurers will not be able to use the new rules for their 2009 accounts while companies in more than 80 countries outside the EU will be able to do so.

 

The postponement comes at a time when the commission itself is in caretaker mode. Diplomats in Brussels say France is interested in the internal market commissioner's job in the next commission, which is set to start operating early next year.

 

Charlie McCreevy, current commissioner for the internal market, has been overseeing talks over the rule changes.

 

Douglas Flint, HSBC's chief financial officer, had told the commission a delay could place European companies "at a competitive disadvantage". In a letter to Mr McCreevy dated November 10, he said the changes were required to address an urgent need to improve the accounting of financial instruments in response to the financial crisis.

 

Accountants said the reforms would provide greater clarity in determining which bank assets must be marked to market and which can be valued according to so-called amortised cost accounting, which smooths out market volatility.

 

The IASB proposed that if an asset earned predictable cash flow such as a loan, then it could be valued by amortised cost accounting. If it delivered an unpredictable return, such as a share portfolio or derivative, then it had to be marked to market. However, commission officials believe the overhaul did not limit the use of fair value accounting enough. A decision by the German financial industry to back postponement of the standard until next year was decisive in the Brussels decision, people familiar with the situation said.

 

| Merlion | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:14 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode